ジゴクロン 状態異常・敵の特徴・武器の特徴など

あまりに長いため、状態異常などのメモページです。

攻略記事→https://iroblo.com/game/ジゴクロン だれでも一週目クリア攻略とともにお読みください。

状態異常について

大体3ターンで自然治癒するが例外あり。

状態異常で体力0にはならない(重要)

火傷 守備・抵抗20低下 毎10ダメージ

メルトダウン 筋力・器用・敏捷15低下 守備・抵抗30低下 移動1低下

ひき肉 2Tの間、筋力・器用・敏捷30低下 移動ー2

麻痺 筋力・器用20低下

凍傷 敏捷20低下 移動1低下 

凍結 2Tの間、敏捷50低下 行動不可 氷封じで防げる

筋力・器用低下系 その数値が30低下

暗闇 器用50低下

呪い 幸運50低下 マップ中永続

スリップ! 氷面・凍結床で行動終了時、1ターンの間 敏捷・幸運ー30
(つまり次の敵のターンのみ有効) 

睡眠 3Tの間、攻撃されるまで行動不可 反撃含む 敏捷・守備・抵抗-50 
(与ダメ超アップにも使える)

スタン 1Tの間、攻撃されるまで行動不可  反撃含む 敏捷ー30

吸脳 筋・魔・器・守・敏・抵ー20、気力ー10、移動力ー1

足止め 移動力ー10

混乱 味方ターン開始時、仲間を攻撃(攻撃された仲間は反撃する)

激昂 3Tの間、操作できない(自動AI) 器用ー20

ブラッドボイル 3Tの間、操作できない(自動AI) 毎15ダメージ

(自動AIは、味方ターンの最初に行動、攻撃武器ランダム。行動不能にならないのでキュアの杖で悪用されそう?)

恐怖 物理攻撃不可

出血 次ターン50ダメージ

ウイルス 5ターン 回復不可 毎10ダメージ

毒  10ターン 毎10ダメージ

猛毒 10ターン 毎30ダメージ

封印 魔法と杖が使えない

敵によって状態異常耐性あり(マスクデータ)

スケルトンにスタンが効く、スタンが効かない敵には大体睡眠が効く、純粋な能力低下は全ての敵に効く、これらを覚えておけば十分。

ただし、反撃でスタンさせてもほぼ意味がありません。

(味方のターンに状態異常ターン経過判定が行われるため)

全網羅してなかったらすみません。

ダメージ計算式とアドバイス

細かいダメージ計算式(readme抜粋)

ダメージ計算式

攻撃力=(武器の威力)(100+筋力(%))(気力(%))*(得意武器補正)

得意武器補正は通常1.1倍、短剣は1.3倍、クロスボウは1.5倍

ダメージ=攻撃力(100-守備(%))(相性補正(2倍、1倍、0.5倍))+(乱数)

乱数は、1~(幸運/2)の値です

痛撃(クリティカル)はダメージ1.5倍

覚えなくてもなんとなくでOKです。

・筋力1よりも気力1のほうがダメージ補正が高くなること

・ダメージに乱数が加算されること

・武器攻撃力が高いほど、守備・抵抗のステータスが大きく被ダメに影響すること

(守備ステータスが10下がる=被ダメが10%上がる)

ドワーチカの得意武器は斧で、ショーティの得意武器はクロスボウ

これさえ覚えておけばばっちりです。

ステータス周辺

筋力……武器による攻撃のダメージに影響します。
魔力……魔法による攻撃のダメージに影響します。
器用……命中率に影響します。
敏捷……回避率に影響します。また、スキル『追撃』に影響します。
守備……高いほど武器のダメージを減らします。
抵抗……高いほど魔法のダメージを減らします。
幸運……痛撃(クリティカル)の出やすさ、受けにくさに影響します。

気力……与えるダメージに影響します。
    値が低いと一部の武器が使用できなくなります。

移動……一度に移動できるマスの数です。

以上readme抜粋

敏捷ー武器の重さが実速で、攻撃側実速≧守備側実速で追撃になります。

一番忘れてはいけないのは、敏捷≠実速というです。

他のゲームと違い、筋力で武器の重さが軽減されることはありません

またこのゲームでは、実速が命中に加算されません。

敵ドロップについて

SRPGSTUDIOの仕様で、水色で表示されているアイテムをドロップします。

かなり見辛いですが、落としそうなアイテムは大体落とすので分からなくてもOK。

敵の移動など 特にレイスについて

レイスは、スキル「虚無」を持つので経験値が入りません。

マップによって発生するターンが違います。

レイスのAIはそこまで賢くないので、逃げ切る事は難しくありません。

普通のAIは賢いです。

・弱いキャラを狙う傾向がある。

 ただし回避率・毒耐性や罹っている異常によって臨機応変に行動する

・一撃で倒せるキャラが複数いるなら、回避率の低い方を攻撃

というのが主な特徴です。

地上型の敵について

味方と同じように、敵も沼や砂漠や草で移動力2を消費し、水の中を移動できません。

(例外あり)

移動5の場合、沼三マスには移動6必要ですが、切捨てで沼ニマス分しか進めない。

浮遊型の敵について

レイス・デーモンの戦士等は見た目で浮いているキャラは浮遊を持ちます。

地形効果を無視し、移動コスト2の地形も無視できます。

山や木などの障害物も無視して移動できますが、屋内の柱や壁は無視できません。

アイテムについて

12章での説明の通り、アクセサリは上から二番目までしか効果がありません

ただし、一番大切なことは「腕輪」もアクセサリとして数えるということです。

同じアクセサリを二つ持っても、二つ目の効果はありません。

ショーティについて

体力1で悪運が発生すると、ノーダメージになります。

ショーティは狙われやすい方ですが、敏捷が高く、実速が高くなる。

そのため、一撃で倒される仲間が他にいると、だいたいそちらが狙われます。

実速は回避に影響するため、敵を誘い出すならなるべく軽い武器をおすすめします。

判断が難しい武器の属性などについて

「麻痺」がつく武器はほぼ雷属性・凍傷は氷・火傷は火属性です。

特に貴重なのは、強敵の弱点をつける氷、後半及びラスボスに強い雷属性です。

例外もあり、たとえば「デーモンヴォウジェ」は闇属性です。

斧は、ハンマー系が殴打属性・一般的な斧は斬撃属性です。

ヴォウジェ・グレイブは斬撃属性です。

特に、槍・弓・剣には殴打属性の武器が存在しないのが辛いところ。

武器属性は、斬撃・殴打・刺突よりも火、冷気、雷、闇が優先されます。

壊れた武器は無くなるのではなく、とても弱い武器として残ります。

魔道書・弓系は射程2、それ以外は射程1固定です。

一応壊れても、追撃や呪詛などのスキルは乗ります。

残り回数1の装備では、追撃が発生しません

壊れた武器は修理チケットで元の武器に戻ります。

回数が少なくなった武器にも使えます。

しかし最大値までしか回復しないため、残り回数分無駄になります。

正直な話、修理チケットをつかわなくても十分にクリア可能です。

大当たり武器が壊れた時くらいでいいでしょう。

杖は修理できません。

禁断の裏話

セーブファイルフォルダの「interruption.sav」は中間セーブです。

どうしても検証したいことや、詰まったところがあるならコピーしましょう。

貼り付けるとその場面の中断セーブが甦ります。

おまけ

コメント

タイトルとURLをコピーしました